開発事例

(めっき)エンプラ樹脂へのダイレクトメッキ

急速に広がっているエンプラ樹脂に、直接めっきする技術
対応できる材質の幅を広げています


樹脂めっきイメージ


技術資料(日本語)


様々なエンプラ材料へ、平滑なめっきをダイレクトに形成させる技術・用途開発に取り組んでおります。
試作対応を承っております。
樹脂へのめっき試作をご検討されている場合は、お気軽にご相談ください。


特徴

・現在、ポリイミド(PI)、テフロン(PTFE)にダイレクトめっきが可能です。

・ポリイミド(PI)には、平滑なめっき被膜の形成が可能です。(テフロン(PTFE)は開発中)

技術要旨

樹脂とめっき被膜の密着性確保のために、粗化によるアンカー効果ではなく化学結合層の成膜による工法を開発中です。

技術要旨

開発中技術の利点まとめ

エンプラ系を中心とした様々な樹脂に、平滑なめっき被膜をダイレクトにめっきさせることを目指しております。

新技術の利点

めっき仕様(開発・試作実績)

・無電解ニッケル-ボロン(Ni-B):~0.2μ

・無電解めっき上に電解銅めっき(Cu):10~20μ

・樹脂の材質:ポリイミド(PI)、テフロン(PTFE)(その他の材質も取り組んでおります)

想定される用途

5G関連部材(高周波・ミリ波通信用)を想定しています。

取り組んでいる課題

・樹脂上へのダイレクト銅めっき

・テフロン(PTFE)を粗化させずにめっき

・その他、取り組んでいるエンプラ材料
液晶ポリマー(LCP)/シクロオレフィンポリマー(COP)/ポリフェニレンエーテル(PPE)/ポリフェニレンサルファイド(PPS)/パーフルオロアルコキシアルカン(PFA)
※NDA締結による共同での用途開発など、お気軽にご相談ください。

技術資料(日本語)

お問合せはこちら

資料請求や製品などに関するお問い合わせは友電舎で承っております。

1.お問合せフォーム・カタログ請求はこちら
※お問い合わせフォームへ移動します
2.MAIL:joho1@ydn.co.jp
※アドレスをクリックすればご使用のメールソフトが起動します。
3.TEL:06-6465-1663 受付時間 9:00~18:00 

ページの先頭へ戻る