開発事例

(めっき)ハイブリッド無電解ニッケル-テフロンメッキ(Ni-PTFE)

ニッケルめっきの硬度とフッ素の摺動性・離型性・撥水性を、ひとつのめっき工程で仕上げます


HV-Ni-PTFEページとは


技術資料(日本語)


特徴

Niめっきの高硬度とテフロンの摺動性・離型性・撥水性といったメリットを兼ね揃えためっきです。

HV-Ni-PTFEページとは

  • 硬度が高く、摺動性に優れる。
  • as plateでHV600~700の高硬度が得られ、さらに熱処理によりHV900以上の硬度が得られる。
  • 非粘着性を示し、離型性・撥水性に優れている。
  • 鉛化合物を使用していない為、ELV・RoHS指令・PFOA規制にも対応できる。
    ※PFOA(パーフルオロオクタン酸)は、REACH規制により今後、強化されます。

目的に応じテフロンの含有量を調整することが出来ます

めっき膜の表面SEM写真

めっき膜表面写真

熱処理温度と被膜硬度の関係

※パターンA,B,Cは、それぞれめっき膜の表面SEM写真のものです。

熱処理温度と被膜硬度の関係グラフ

テフロン含有量の少ないパターンAであれば、HV900以上に出来ます。

無電解ニッケルめっきとの摩擦係数の比較

※パターンA,B,Cは、それぞれめっき膜の表面SEM写真のものです。

無電解ニッケルめっきとの摩擦係数の比較グラフ

テフロンを含有することにより動摩擦係数を大幅に下げることが出来ます。
また、熱処理を加えても動摩擦係数はほぼ変化しません。

用途

  1. シャフトなどの摺動部品の長寿命化
    めっきをした部品本体だけでなく、勘合品に対しても摩擦による摩耗などの負荷を軽減します。
  2. 潤滑油を使えない環境での装置部品
    食品や半導体の生産ラインの装置などに使用することが出来ます。
    特に、産業ロボットや検査・測定装置では滑り性が微細な動作を向上させます。

技術資料(日本語)

お問合せはこちら

資料請求や製品などに関するお問い合わせは友電舎で承っております。

1.お問合せフォーム・カタログ請求はこちら
※お問い合わせフォームへ移動します
2.MAIL:joho1@ydn.co.jp
※アドレスをクリックすればご使用のメールソフトが起動します。
3.TEL:06-6465-1663 受付時間 9:00~18:00 

ページの先頭へ戻る